読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(´・ω・`)まったりいこうぜ

まったりのんびり、色々と書いています。 http://www5.synapse.ne.jp/souki/

器用なのかそうでないのかという話

雑記

「過去をwww振り返るとかwww」という方にはお勧めできない話。最近ちょっとまともな話をしてますな、自分。

■「初心忘れるべからず」の本当の意味 | ShareWis Blog http://blog.share-wis.com/?p=425

 を読んで「そういう意味なのかー」と思った人です。冒頭で紹介されている意味だと思っていましたが、違うんですね。これについてはなるほど、と思う点があったので自分の体験を入れて話をしてみたいなと。前々から言っていたことではあるのですが、ちゃんと話をするのも良いかと思った次第です。
 事前情報として、自分は爪楊枝を削ってミクとかその他のキャラクターを作ったりしています。文面で説明をすると『お前は何を言っているんだ』といつも言われますが……そう説明をするしかないのでどうしたものだか。そういうこともあってよく『器用ですね』と言われることがあります。自分としてはそう思ったことはないのですが、褒めて頂いていると思い「ありがとうございます」と返しています。「器用じゃありませんよ」とか言うと謙遜どころかバカにしているのかと言われそうですし。褒めてもらった時には素直に感謝するようにしました。
 器用だと言われるようになったのはここ数年なんですよね。勘違いされることが多いのですが、器用だったから爪楊枝で色々と作っているわけではありません。どちらかというと不器用だったのに、調子に乗って立体ミク小型化戦争に乗り込んだ結果こうなりました。自分が最初に作ったミクですが……
はちゅねミク(のようなもの)10mm

 当時言われたのは『一体誰なんです……』『お……おぅ……』『残念www』『パチモンwww』『がんばった、お前はがんばった』という動揺や励ましのコメント。そして『参加賞』『敢闘賞』『努力賞』というタグに『ニコニコ図工部』『ニコニコ工作部』という技術部には遠いという意味にも入れるタグ。器用なんてコメントは一つもありませんでした。周りが凄まじくレベルが高かったのもありますし、自分のレベルが凄まじく低かったというのもあったでしょう。あれから懲りずに作り続けること4年経ちました。随分と長く作ってきたんだなと、我ながら感心してしまいます。
 自分にとって初心はこれです。新作を作る度に動画を見ていますし、この時と比べてどれだけ技術が上がったかが自分の目安です。そして器用だと自分で言うことはこのミクのような何かを切り捨てる気がしてできずにします。爪楊枝を削って初めて作ったものですし、自分で作ったものなので切り捨てたくはないんですよね。それにこれがあったから、これ以下のものは作れないというのがモチベーションの維持に繋がっているのではないでしょうか。本心を言うと、あまり見たくありません。それは恥ずかしいですし、リアルに『(>'A`)>うわぁぁぁ』となります。

 4年経った今を当時の自分が見たらどう思うのだろうなーと、そんなことを思います。信じないだろうなー、きっと。そもそも4年も続けているのかよという突っ込みがきそうです。そして4年前から変わらずミクのような何かは爪楊枝集団の最前列にいます。