(´・ω・`)まったりいこうぜ

まったりのんびり、色々と書いています。 http://www5.synapse.ne.jp/souki/

串木野まぐろフェスティバルに行ってきました

f:id:souki_e:20180502215807j:plain

まぐろを食べずに帰ってきました。

去年は行こうと思いながらも行けずじまいだったので今年こそ……と思ったのですが、出発が昼ご飯を食べた後だったので何も食べずでした(´・ω・`) まぐろ丼、美味しそうだったなぁ。

ひとまず今回はプロレスと巡視船を見てきました。

f:id:souki_e:20180502215814j:plain

f:id:souki_e:20180502215816j:plain

1234goya.comプロレスファンのフォロワーさんに色々説明して頂いて、本格的なプロレスだと知りました……。本当に初めて見たんです、プロレスって。
試合後は子ども達をリングに上げて、一緒に技を練習したりと微笑ましい光景が広がっていました。子ども達が本当に楽しそうでした。

f:id:souki_e:20180502215827j:plain
こちらは巡視船「とから」です。串木野が本拠地の船ですね。

f:id:souki_e:20180502215834j:plain

f:id:souki_e:20180502215833j:plain

f:id:souki_e:20180502215843j:plain

船内は一部を除いて撮影禁止だったので写真はありません。色々と見て、質問ができたので、個人的にはとても満足でした。いや、本当に皆さん親切で説明も丁寧で良かったです。自衛隊の船は何度か見ているのですが、海上保安庁の船は殆ど見ることがなかったので新鮮でした。

f:id:souki_e:20180502215819j:plain

短いですが、串木野まぐろフェスティバルに行ったというお話でした。
書いていたらお腹が減ってきました……。今度まぐろラーメンでも食べに行きましょうか。

ラーメン戦國屋に行ってきました

友人と「ラーメン食べ行きたいねー」という話になったので、少し気になっていた「ラーメン戦國屋」に行ってきました。

ラーメン戦國屋 - ホーム | Facebook

f:id:souki_e:20180401140410j:plain

f:id:souki_e:20180401140416j:plain

住宅街の中にひっそりとあるビルの一階です。四人がけのテーブルがいくつかとカウンターがあるだけの小さめの店内です。
メニューが色々とありましたが、今回は「魚介豚骨ラーメン」を注文しました。

f:id:souki_e:20180401133904j:plain

f:id:souki_e:20180401134010j:plain

厚めのチャーシューと、その上に乗っている鰹節のインパクトが凄い。
味は魚介の味が強めのとんこつで、鹿児島だと珍しい味でした。スープだけで言えば先日指宿で食べた勝武士ラーメンよりも魚介の味が強めでした。自分好みの味でスープがどんどん進みました。そしてご飯が欲しくなる。

外見から少し警戒してしまいましたが、アットホームな雰囲気があり、近くの住民にも愛されている感じがしたラーメン屋さんでした。

ごちそうさまでした。

サメを使ったひつまぶし「ふかまぶし」を食べてきました

2018年3月の上旬から期間限定で日置市いちき串木野市の漁協直営店でサメ料理が食べられるとのことだったので行ってきました。

MBCニュース | サメを地元の名物に!いちき串木野市と日置市のユニークな取り組み

提供されている店舗は以下の4ヶ所です。

  1. 海鮮まぐろ家
  2. 照島海の駅食堂
  3. 市来えびす市場
  4. 江口蓬莱館

2の照島海の駅食堂以外は実は何度か行っているので、今回は行ったことがないここに行ってきました。

kagoshima-sakana.com

3号線沿いに小さな看板がありますが、どの道も細目なので事前にどこで曲がるかの確認をしてから行くことをオススメします。

f:id:souki_e:20180310123234j:plain

駐車場は狭いですが、奥にも駐車場があるので余裕があります。ただし店内は4人がけの席が10席ほどなので名前を書いて暫し待ちます。

f:id:souki_e:20180310115312j:plain

f:id:souki_e:20180310115303j:plain

4店舗で別々の料理が提供されているとは……

さて、ここで提供されているのは「ふかまぶし定食」です。ひつまぶしのサメ版ですね。期間限定で800円になっていました。やったー!

f:id:souki_e:20180310120600j:plain

f:id:souki_e:20180310120604j:plain

f:id:souki_e:20180310120612j:plain

メニューの写真通りのものが出てきて若干困惑しました。左上の急須は出汁が入っています。中はおそらく鰹だしかなと。一番下の緑のものはピーマンの素揚げで、決してこれがサメではありません。

食べてみた感想ですが、ふわふわとした上品な白身魚でした。フカには味が殆ど無いため、ひつまぶしや甘酢といった濃いめの味付けがよく合います。ひつまぶしは薬味を入れて出汁を入れて一気に書き込むと、しいたけと鰹だしの旨みとフカの食感がとても良く、いくらでも食べられそうなぐらい美味しかったです。薬味は最初に全て入れず、少しずつ入れていくと味がどんどん変化して楽しめました。

フカの甘酢かけは……これ好き。フカの柔らかな食感と衣のさくっとした食感のギャップがとても良いです。そしてこの甘酢が若干濃いめの味付けでフカによく合います。懸念していた臭みはこちらも全くなく、下処理を丁寧にされているからでしょうね。

1日10食だったので食べられるか不安でしたが、開店直後に行ったので今回は無事に食べられました。競争率は少し高めですが、個人的にはとてもオススメしたい料理です。

期間が過ぎると1000円と高く感じますが、珍しいサメが食べられることと(よく捕れるようですが……)この味であれば十分安いと感じました。近くに来られた際には是非とも立ち寄ってください。

なお、フカ料理だけではなく寿司や海鮮丼といった料理ももちろんあります。漁協直営店なのでお安いですよ(握り10貫の定食で1000円)。

 

第4回ラーメン王決定戦に行ってきました

f:id:souki_e:20180217112901j:plain

今回は初めてラーメン王決定戦に行ってきました。
快晴でしたが、海沿いだったので風は強めでしたね。

www.kts-tv.co.jp

f:id:souki_e:20180217112822j:plain

今回出展しているのは14店舗。これだけあるとどこを食べるかで迷います。

自分は当日券(700円)を買って食べましたが、前日までに買うと少し安くなります。絶対に行く、ということであれば前売り券が良いですね。

薩摩半島だと行こうと思ったら行けるので、今回は大隅から参加されている「三男坊」さんのラーメンを食べました。

www.hotpepper.jp

f:id:souki_e:20180217111738j:plain

f:id:souki_e:20180217112157j:plain

ラーメンは鉄板のとんこつ。チャーシューの上に乗っている粉はニンニクでした。これが良いアクセントになっています。また割り箸、レンゲと一緒に辛味噌も渡されました。豚さんの醤油差しがかわいい。

味は濃厚で「これがとんこつだよ」と言えるものでした。他のテンポが派手めだったこともあり写真は地味でしたが、チャーシューも味玉も美味しく、全体的に食べて安心できる味でした。繰り返し食べたくなるラーメンですね。

f:id:souki_e:20180217112735j:plain

ごちそうさまでした。

ラーメン王決定戦に言えることですが、一日で2杯程度が限界です……700円でほぼフルサイズのラーメンを食べるので。毎日の来場者数を増やしたいこともあるのでしょうが、食べに行く側としては色々と食べ歩いてみたいなーというのが感想でした(店舗さんも大変になるでしょうから無理を承知で言ってみるだけ)。会場限定のラーメンもあり、それらは店舗に行ってもないんだろうなーと残念な気分になりました。

さて、ラーメン王決定戦ですが正面を見て左にステージ、右にブースが横一列に並んでいます。どこに列ができていて、どこにできていないかが一目瞭然です。列ができているブースの特徴は淡々としている点でした。逆に大きな声で呼び込みをしているところは避けられていて、ラーメンの魅力よりも呼び込みを「避けたい」気持ちの方が上回っているのかもしれないと感じました(実際近くで呼び込みをされると避けました)。
イベントでの呼び込みの勉強にはなりました。

最後に余談が入りましたがラーメン好きであれば是非とも行っておきたいイベントでした。

プチッガイを作るぷちっ会を実施しました

まずは参加して頂いた方々、それと準備を手伝ってくださった方々、ありがとうございました
先日TUKUDDOにてプチッガイ限定のプラモ会「ぷちっ会」をしました。きっかけは随分と前になりますが、ぺろさんとの話から実行されたプラモ会でした。

souki.hatenadiary.jp

 以前のプラモ会での反省点

  1. 持ってくるプラモが別々で説明が大変だった。
  2. 1日では完成しない。
  3. みんな無言。

ということで、プチッガイに揃えることで説明が簡単になり、1日でも作れるようになった次第です。ここに気づいたしげっちさん凄いわ(´・ω・`) ←何日にも渡って仮組みをすることに慣れてしまっていた人

初回ということで、主に自分のフォロワーさんだけだったので、随分とリラックスしてできました。初回はどうしても緊張してしまうので、身内中心だとありがたかったです。

f:id:souki_e:20180211165225j:plain

そんな感じでみんなで作ったものがこちら。全員ばらばらになりました。プチッガイ限定と言いながらもバリエーションが豊富なので揃えると楽しい感じになりますね。

色々と反省点はありますが、そこは実行会でまた話をするとしまして。
ひとまず、みんなでわいわいとプラモを作るのも楽しいものだなと改めて思いました(作業中は黙々と作業をしていますがw)。

次回はまだ未定ですが、今回興味ありで参加できなかった方がいらっしゃいますし、実施したいなぁと思っています。

 

プラモ用ニッパーって何を買ったらいいの?

今度プラモを作る会、ぷちっ会ではニッパーを持参してくださいという話をしていますが……ぶっちゃけニッパーってどれ買えばいいの?という話が出まして。

迷ったらタミヤのプラモ用ニッパーを買え!

タミヤクラフトツール モデラーズニッパーα(ブラック) | タミヤ

とぶっちゃけてしまうと元も子もないので、ちゃんと説明します。

ニッパーと言っても色々と種類があります。大まかに分けると金属用とプラモ用です。
プラモ用のニッパーは断面が平らになるように作られています。うまく切るとニッパーだけで綺麗にパーツが切り出せます(断面がプラモ用だと◣◢、金属用が▶◀、のような形です)。
金属用でもプラモは切れますが、綺麗に切るのであればプラモ用が良い、と言えます。

そのプラモ用ニッパーも色々とあります。

模型屋へ行くと、ニッパーやピンセットがセットになったものや、5000円を超えるニッパーなどがあります。
高いものは手が出ませんし、しっかりとメンテナンスをしないとすぐに切れ味が落ちます。安いものだと刃がズレていたりと断面が綺麗にできなかったりとあります。無難で、買いやすいニッパー、ということで冒頭の紹介です。

あと塗装技術がないと断面の白化(プラスチックは力を加えると白くなる)やえぐれ(綺麗に切れずちぎれる)に対応することができません。そういう意味でも最初だから、初心者だからある程度綺麗に切れるニッパーがあると良いのです。1000円のニッパーがあれば、数十個作るぐらいは持ちますから買っておいて損はありません|ω・)ノ

ということでざーっとですが、どのニッパーを買ったら良いか分からない人向けの雑な案内でしたー。

南さつま市 竹田神社に行ってきました

西郷隆盛大河ドラマ「せごどん」が放送中ですね。
所用で加世田へ行ったので、1話の紀行で出てきたという「竹田神社」へ行ってきました。

www.nhk.or.jp

場所は加世田市街地を通る国道270号線を少し南下したところです。分かりやすいところにありますが、駐車場が分かりにくいためストリートビューでの下見をオススメします。

f:id:souki_e:20180127135847j:plain

f:id:souki_e:20180127140041j:plain

境内からの写真です。道路を挟んで鳥居が2つあるのが面白いですね。恐らく神社を渡る形で国道が通されたのでしょう。

f:id:souki_e:20180127140118j:plain

f:id:souki_e:20180127140215j:plain

手水舎と拝殿です。そして帰ってきてから気づきましたが、拝殿奥にある本殿へ行っていませんでした……orz

f:id:souki_e:20180127140809j:plain

突然写真が出てきて「ひぇっ」となりましたが、この方は島津忠良。日新斎とも呼ばれており、竹田神社の御祭神です。

dic.nicovideo.jp島津家は結構分岐しているため、複雑ではありますが、義弘より少し前の世代、祖父や曾祖父ぐらいの位置です(養子にしたりと結構複雑)。

郷中教育の基礎となるいろは歌を詠んだ人としてこの地域では知られています。

f:id:souki_e:20180127140850j:plain

f:id:souki_e:20180127140847j:plain

竹田神社の横にはそのいろは歌が刻まれた石が並んでいます。隣にはしっかりと現代語訳が

あり親切です。読むと時間はかかりますが、なるほどと思う歌があり、勉強になりました。

f:id:souki_e:20180127141136j:plain

f:id:souki_e:20180127141513j:plain

f:id:souki_e:20180127141521j:plain

いにしへの道を進むと墓所に出てきます。ここは常潤院跡で、先ほどの島津忠良たちが眠っている場所です。跡、となっているのは明治の廃仏毀釈により、寺が壊されているためです。鹿児島は神社が多く寺が少ないのですが、廃仏毀釈の名残のようです。特に薩摩藩では廃仏毀釈の動きが強く、ほぼ全ての寺がなくなった過去があります。

厳かで静かな雰囲気があり、また行きたいと思う場所でした。

という感じで、せっかく「せごどん」が放送しているので、今年はゆかりのある所をできるだけ回ってみようと思います。